fc2ブログ

詩という生活・オオカミ編集室のブログ

光冨幾耶の文芸雑記・雑感、文芸雑誌「オオカミ」の告知・情報ページです。

雑記。そろそろ快復。

数年前の2回の新型コロナワクチン接種、昨年の新型コロナ感染等で、長く体力的・気力的にも倦怠感やいままでなかった筋肉の痛み等(心臓や胸やそのほかの部位)があったが、ようやく今年の1月で抜け始めた感があった。新型コロナワクチン薬害があるのではないかと疑っていたが、今後は社会はこの方向で進むのだと思う。ふつうはこの手の後遺症等はなかなか抜け出すのが難しいようなケースもあるらしい。今年はわたしは引き続き「健康第一」、デトックス。


本日は、新聞の文化時評・現代詩の本読みと下書き、明日は脱稿予定。ほかに依頼の詩の関係がいくつかあるのと、自分や家庭のこともしないといけない。平日は会社の仕事だけで背一杯になってしまうので(若い頃よりは体力・気力が続かなくなったので夜は、休養を取るようにしている。たまに作業や調査や連絡をしているが)、休日も忙しい。

とある方の詩の全集を企画中。年内発行予定。2つの詩誌の制作入稿待ち。他。

「オオカミ」43号は、3月末締め切り。わたしも作品を仕上げないと行けない。「詩と思想」の締め切りも3月20日で、こちらも仕上げないといけない。

オオカミ参加者では、第24回日本詩人クラブ詩界賞候補に佐相憲一さんの『生きることと詩の心』があがっているので、楽しみではあるが、金井雄二さんの『げんげの花の詩人 菅原克己』もあがっているので、どうなるか。
横浜詩人会会長・佐相さんと同理事長・金井さんのお名前が2つ挙がっているのは、横浜詩人会としては、すごいことなのかもしれない。



 









スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。