fc2ブログ

詩という生活・オオカミ編集室のブログ

光冨幾耶の文芸雑記・雑感、文芸雑誌「オオカミ」の告知・情報ページです。

雑記。これといって特になし。

平穏。ただしここ数日、軽い頭痛がする。今年はじめての居合の稽古に参加。忙しかったり、体調不良だったりで、だいぶ休んでしまった。基本的に詩のイベントや会合や編集や執筆等と、居合の稽古が重なることもあり、たいてい、役割上、詩の活動を優先するので、居合の稽古の進歩が遅い。

という詩の関係者からはどうでもいい話ばかりしているのだが、気合いを入れて詩の事柄を書くと、仕事と変わらなくなるので、やだ。隠居したいお年頃である。落ち着いて、8時間、時間と空間を確保できる会社の仕事のほうが、どちらかというと楽だ。ただ、朝早起きと朝の通勤はやだ。早朝、月といっしょに通勤し、夜、月と一緒に帰宅する毎日である。
しかたがないので、紙で宇宙船を作るほら話をしようかと思ったのだが、飽きたので、そろそろプライムビデオでも観ようと思う。

一応、詩と思想の原稿は仕上げて、脱稿した。オオカミ43号の作品も仕上げた。横浜詩人会通信の編集DTP作業は見なおし以外はほぼ完了。確定申告済み。今月残りは、通信の入稿と、新聞の現代詩時評が来週の土日となる。いつもスケジュール帳で、各種進行状況のチェックをしている。もうそろそろ、月に還りたいお年頃である。かぐや姫が待っていてくれるかもしれない。

スポンサーサイト



雑記。詩集賞決定。速報係。

本年度のH氏賞と現代詩人賞が決定され、さきほど(夕方)、日本現代詩人会のHPとSNSで速報を流した。という係・担当なわけなのですが、わりと楽しく自宅待機でしている。ちゃかちゃかキーボードを叩いているのが好きであるのだが、原稿を見ながらの文字入力は苦手である。はじめからワープロ文字で打って、データを渡していただければいいのにと、数十年前・二十代の頃から思っているのだが、印刷関連のオペレータとしては、ストレスのある作業に思えてしまう。入力の作業、チェック、修正等に手間がかかるので。今回は、ワープロ文字でいただけたので、感謝。

本日は、家で、居合の稽古もここしばらく忙しくて休んでいるのだが、横浜詩人会の会報の編集DTP作業をしていた。未着の原稿以外はおおかた、組版を終えた。
今月は、あと、詩の推敲2作と、いつもの時評1つと、それから年に1回の確定申告をしないとけない。基本的に会社員で、土日に副業的にオオカミ編集室をしているので、収支が大きく赤字にならなければよいので、そんなにやる気を出したくないというここ最近の動向である。(作業量が多くて、無理。会社卒業したら、ボクがんばる、すこしぐらいは。そんなには大変だからいい。そこそこ)今年は、居合の師匠の全詩集制作と、いつも利用してくれる詩人さんの電子書籍の話がある。
4月に居合の演武会があるらしいので、そろそろ土日は稽古に行かないといけない。
ちなみにオオカミ43号の締め切りは、今月末です。よろしくお願いいたします。でも無理しなくていいです。ほんとに、集まり過ぎると作業が大変だから、はい。
神奈川新聞文化時評・現代詩は3月7日木曜日。坂井信夫さん「皿」、颯木あやこさん「0時61分」の作品、佐相さん、鹿又さんのお名前とタイトル(オオカミ42号から)、鳥本鉄心さんの詩集「少年の城」(私家版)、間米由美子さん詩集「心に響く幸せの詩」(湘南社)、新沢まやさん「机」の作品、「地下水」、「伏流水」、「詩人の輪通信」、「詩人会議」の短い雑誌紹介など。
いつも、詩集、雑誌のご恵贈・送付、ありがとうございました。
そうそう、こないだ、年に1回年始の占いをしてもらったら、去年、一昨年は、天中殺だったらしい。一昨年はうつぽかったし、昨年は体調不良続きだったので、なるほどと、合点した。今年4月からは、もっと仕事が来るらしい、というか、ほどほどでお願いします。もしくは単価上げていいっすか!!





該当の記事は見つかりませんでした。