fc2ブログ

詩という生活・オオカミ編集室のブログ

光冨幾耶の文芸雑記・雑感、文芸雑誌「オオカミ」の告知・情報ページです。

雑記。文芸誌「オオカミ」進行状況。小さなカエル。

文芸誌「オオカミ」は近日、著者校正をお願いすることになる。発行は10月の下旬、月末ぐらいになりそう。いつも遅れ気味になる。

横浜詩人会通信328号は、発送準備中。横浜詩人会賞決定などの内容。10月5日に配送予定。
神奈川新聞・文化時評・現代詩は、10月5日㈭発行で、佐相憲一エッセイ・評論集『生きることと詩の心』、関中子詩集『真夜中待ちまち』、北村紀子詩集『夕暮れのおくりもの』、川村真詩集『We are friends』を紹介。
早朝、会社へ行く途中、交通の激しい道路に小さなカエルが張り付いていたので、拾う。立ち寄る先のお寺の手水舎の前に行くと、自分でぴょんと、着地した。手水舎の龍と仏様に見守っていただけるようお願いして、お寺を後にした。カエル、頑張れ!
小カエル



スポンサーサイト



雑記。地味に仕事及びリハビリ中

基本、派手よりは地味が好きなのだが、アクセサリーや小物をどこかにつけているので、通勤中も自由業ぽい格好かもしれない。というどうでもよい話から進める。週に何度か接骨院で、会社帰りに治療とリハビリをしている。包帯を巻いて日中を過ごす。11月の鶴岡八幡宮での演武会までには、体調を戻すので、今月一杯まではリハビリ・治療期間と設定。

本日は神奈川新聞の文化記事の下書き、明日は脱稿の予定。
文芸誌オオカミは、作品の配置は終えたが、内校と目次ほかと表紙のデザインは手つかず。今回も志久浩介さんの画を使用予定。土日で作業を進める。
あたるしましょうご中島省吾電子詩集『人生崩壊』(オオカミ編集室)は、amazon Kindleと楽天Koboで発売中。
横浜詩人会通信はそろそろ印刷所から納品されるころなので、発送準備にとりかからないといけない。
ほかいろいろ用事はあるが、曇空なので、どこかアンニュイなの。だって秋なんですもの。



雑記。肉離れ。休養中。電子詩集販売へ。

深夜、こむら返り。寝不足で体調不良につき、休暇。接骨院にて、肉離れと診断、治療を受ける。包帯を巻いて、帰宅。今年は健康面で波瀾つづき。またしばらく居合の稽古はお休みとなる。

あたるしましょうご中島省吾電子詩集『人生崩壊』(オオカミ編集室)amazonにて販売開始。
楽天Koboに登録・審査中。
横浜詩人会通信328号は近日、印刷所に入稿予定。
いろいろあって、身体がもたないのか、どうか。
それでも本日、玄関から4匹目のアゲハ蝶が無事羽化、玄関先でお礼の舞を見せてくれた。ありがとう。

雑記。

あたるしましょうご中島省吾電子詩集『人生崩壊』は、校正を終えて、最終のチェック中。近日、アマゾンと楽天に登録予定。

(個人的には好きなタイトル名ではないので、「古くつらい人生が崩壊して、再生する人生の始まりとしてほしい」、という感慨。)
雑誌「オオカミ」42号は、編集中。7割方進行中。10月発行予定。

玄関から通路のような庭に、伊勢砂利を一部、敷いた。毎月少しずつ敷いていく予定。ぐらい。

雑記。

台風は熱帯低気圧に変わったとのこと。藤沢の自宅付近はまだ曇空。けだるい朝。


先日(9月7日)、神奈川新聞の文化時評・現代詩に、佐野豊詩集『夢にも思わなかった』(七月堂)「優しい語り口で、力を抜いた、そこにある詩としての魅力」、高細玄一詩集『声をあげずに泣く人よ』(コールサック社)「社会性やドキュメンタリー性があり、やや散文的だが、声なき声を聴く美点」、藤本敦子詩集『水の時を閉じ込めて』(土曜に術社出版販売)「自然や人の営みを温かな言葉と雰囲気で描く」、おくやまなおこ詩集『存在の海より―四つの試みの為のエチュード』(コールサック社)「宇宙・存在・神・霊魂など描き、思索的・霊的で壮大」を紹介。
ちなみに佐野詩集は第55回横浜詩人会賞を受賞し、贈呈式は、10月9日となる。くわしいことは下記、リンクから。
・横浜詩人会のHP
横浜詩人会通信328号はほぼ編集・組版・校正済み。一部、問い合わせで進行は待機中。10月10日前に(5日ごろ到着を予定)は会員と謹呈先に届く予定。

オオカミの編集とあたるしましょうご中島省吾詩集を進めないといけないのだが、休日の朝、いまひとつアンニュイな朝である。詩祭2部の動画編集もあるし。

そういえば、玄関内で結局3匹のアゲハ蝶が羽化して、外に羽ばたいていった。残りもう一匹の緑の幼虫は姿が見えない。そういうときは、近くで、サナギ化していると思われる。そのうち羽化するのだろう。わたしもサナギ化するか、またサナギなのかもしれない、と空想したりする。
わたしはいつも黒い勾玉のヘマタイトのネックレスを付けているのだが、幼虫さんに見えなくもない。(胎児の形、魂の形、月の形など諸説あるかな。元は牙の形とも)




該当の記事は見つかりませんでした。