狼編集室のブログ | 文芸雑誌「狼」創作雑誌「羊が丘」の告知・情報ページです。参加詩人・アーティストの作品・活動紹介、編集雑記など。読んだ本の紹介コーナーあります。

1年の総括です。

 さきほどまで布団のなかで考え事をしていた。妻はわたしの横で寝ていた。ここ数年のなかで、とある件もあってか今年は一番孤立をしていた時期だった。わたしは以前十年以上ひとりで詩を書いていた時期があって、そのときには詩の仲間も数名いるかいないかぐらいだった。今は詩の知り合いや仲間といえるひとは、過去に比べているかもしれないが、精神的には、わたしは一人だった。今年の暮れは妻と過ごした。会社や詩の会の忘年会も出ず、一度だけ詩の学校で呼ばれていたのでその帰り、数名と話ながらお酒を飲んだくらいだった。昔から、子どものころから、周りに沢山のひとがいても、家族がいてもわたしは独りだった。そしてわたしは知っている。この孤立感こそが、わたしの詩にとっては重要なことを。明日は初詣のあと、妻の実家に行こうと思う。文芸誌「狼」も創立した時は参加者は2名。一時はわたし一人の参加の誌だった。あれから十数年、参加者・関係者は19名となった。「羊が丘」は「狼」よりもはじめから参加者・関係者は多い。次号「狼」(来年夏)は新しく数名が参加をしてもらえることになっている。広田修さんから次の自分の詩集のレビューを頂く。評のなかの「孤独」と「連帯」という言葉がわたしには心に強く残っていた。みなが楽しそうにしていると、そこから離れたわたしも一人で楽しくなってくる。(なぜか小さいころからひとりでみなが楽しそうにしているのを眺めては微笑む子だった)
 そういうことで(大晦日に関わらずひとりでシリアスぽいですが)一年お世話になりました。来年は、第4詩集の制作と、通信制大学での勉強と「狼」「羊が丘」他の雑誌制作で忙しいですが、まだまだ文学の勉強をし続けようと思います。屈せず、傲らず、淡々と冷静にすべきことをしていきたい。原稿の続きでもこれから書こう。いまは静かな夜です。



「狼」22号は現在発送準備中です。参加者・関係者・謹呈先には1月上旬ごろには届くかと思います。販売先はそのあとくらいです。いましばらくお待ちください。

スポンサーサイト
Category : 日記・雑記
Posted by 光冨郁埜 on  | 0 comments  0 trackback

文芸誌「狼」22号発行しました。

文芸誌「狼」22号発行しました。
参加者は敬称略・順不同で以下の通りです。詩・洸本ユリナ、麻生有里、大鹿理恵、颯木あやこ、服部剛、三浦志郎、前田利夫、中村梨々、岡田ユアン、平川綾真智、小山健、光冨郁埜、坂井信夫、石川厚志、落合朱美、浅野言朗、加藤思何理、今鹿仙。評論・広田修。表紙画・志久浩介。編集発行・光冨郁埜。来年1月からAmazonほか、委託販売店(古書上々堂、武甲書店、中庭ノ空、模索舎等)に販売予定です。お求めの方は光冨までご連絡ください。よろしくお願いします。

狼22号M

Category : 文芸誌「狼」
Posted by 光冨郁埜 on  | 0 comments  0 trackback

狼編集室関連のお知らせ

狼編集室関連(業務連絡。笑い)。「羊が丘」春号:4月発行、原稿締め切り1月末。秋号:10月発行、原稿締め切り7月末。「狼」夏号:6月発行。原稿締め切り3月末。秋号:12月発行。原稿締め切り9月末。と変更しました。以上となります。

Category : 文芸誌「狼」
Posted by 光冨郁埜 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。