FC2ブログ

狼編集室のブログ

文芸雑誌「狼」創作雑誌「羊が丘」の告知・情報ページです。参加詩人・アーティストの作品・活動紹介、編集雑記など。読んだ本の紹介コーナーあります。

ひさしぶりの雑記、あれこれ(FBより再掲載)

光冨 郁埜
11月17日 18:37

A誌のDTP作業中、休憩。A誌は12月発行予定。
前日は、オオカミ35号の編集をしていた。オオカミは12月から1月にかけて発行予定。二十数人の参加。
また居合の稽古を道場でしていた。ほかに日本現代詩人会のTOPページに入選作品発表(縦書き)やHP運営委員の記載追加など。部屋は狭く、居合の稽古は道場以外ではできないので、脇差しを購入。空き時間に抜刀したり、動画で型を復習したりしている。ぐらい。もっといろいろしたいのだが、手が回らないので、休みやすみ昼寝をしながらしている。

光冨 郁埜
11月3日 16:29

日本現代詩人会のHPの更新作業途中で、すこし休憩。
先日、2019.7-9の詩投稿欄の入選作・佳作発表をした。選者は廿楽順治、伊藤浩子各氏と光冨。本日は、選評と入選作の公開。その後、会長、理事長、副理事長のあいさつ、講演の頁とお知らせなど。
今日と明日とで、だいたい会報の内容をHPに掲載予定。トップページの会長の画像や投稿欄の結果などの画や文章の差し替えをHPの会社に依頼すれば、休み明けには一応、新理事会の内容に変わっている。HP担当理事(佐川さん)や理事長(山田さん)や各選者やHPの担当者やサポートチーム(平川さん)の協力で進行している。

昨日は、HPの更新作業は休ませていただき、鎌倉に出かけていた。
鶴岡八幡宮の古武道大会に参加していた。わたしはまだ居合の稽古をはじめて1年ぐらいなので、演武をする脇の畳で控えていた。神座と立場の高い方や来賓の席にあいさつをしていた。
午前10時前から午後3時過ぎまで開催され、出番は昼過ぎ。主宰の流派が主に午前中、午後は(招待や参加)他流派となり、その後特別演武となる。いろいろな剣の技が見られて勉強になった。参加の品として鶴岡八幡宮のお守りを授かった。
トリのかたの剣技は品があり、奥ゆかしき。静かな技なれど、キレの違いがあり、道への到達を感じた。
帰りは、境内にある旗揚げ弁才天に参拝し、飲み会後に解散した。

スポンサーサイト



オオカミ35号について

オオカミ35号は現在編集中です。
年末か来年1月ごろ発行予定です。

【作品名・参加者】
おやすみ神様・みよおじ愛已
言葉の穂先・鹿又夏実
ひとり事・鈴木正枝
寝てられない・梅津弘子
地理へのこころみ・日野 零
心の境内・佐相憲一
春の犠牲・森 雪拾
水がうむもの・森 雪拾
いのちのしずく・猫町すみす
熊・石川厚志
月・前田利夫
わたし・前田利夫
再会・前田利夫
小さな地にて・宮坂 新
冬のほう・金子忠政
羽根・佐々有爾
「春の風が寒く感じるか、暖かく感じるか、は人によって様々。」・佐々有爾
みわたせば――どくだみ論・冨田民人
縫い閉じられた際物の刻・登り山泰至
守護霊・光富由美子
夢いろのとき・長尾雅樹
腑分図 花前面・長尾雅樹
再開記念日~突然のひきこもりへの電話、贈り物、present、神の子供・
あたるしましょうご中島省吾
クレジオたち・平川綾真智
東京マジックタイム・福士文浩
SUPER(HEART)STRINGS・福士文浩
霧ノナカ・光冨郁埜

表紙画・志久浩介
表紙デザイン・光富由美子
編集発行・光冨郁埜

ひさしぶりの雑記、あれこれ

【横浜詩人会関連】
会報の通信312号、校正中。今月印刷所に入稿予定。
◎第51回横浜詩人会賞決定
今鹿仙詩集『永遠にあかない缶詰として棚に並ぶ』(金雀枝舎)
授賞式:10月27日(日)午後2時から(開場1時半)
ホテル横浜ガーデンにて。会費6000円。

ちなみにサイトプロジェクトのメンバーは光冨、今鹿さんほか。

夏にドルフィにて、詩とジャズの朗読会に参加。「光る砂」を朗読。

【日本現代詩人会関連】
HPの担当理事は、佐川亜紀さん就任。HPサポートチームは更新作業をすることになっている。光冨や平川綾真智さんほかがサポート担当。現在、投稿欄の6月から9月分の選考中。10月に入選作・佳作発表予定。

【オオカミ関連】
文芸誌「オオカミ」34号のamazon販売は、発売元・密林社の消費税アップの対応と商品整理のため、1か月は停止状態。現在、35号作品受付中。

【個人的なこと】
昨日は江ノ島神社で、古式初亥祭に参加していた。各社を回り、参拝、帰りは遊覧船「べんてん丸」に乗った。
「詩と思想」の夏頃に、横浜詩人会60周年イベント記事と作品を発表。

雑記

 ここのところ、登り山泰至詩集【ゼロの錯視】(Kindle版)の制作に入っている。若いエネルギーを感じる。表紙画はインパクトが好評の志久浩介氏。
 また先日は、横浜詩人会通信の発送をしていた。
 日本現代詩人会のHPとyoutubeに2018年の詩祭の動画を公開した。ほかの作業があって、なかなかできなかったもの。
 同じく日本現代詩人会の詩投稿欄は、現在、2018年1月から3月の選考中。金井雄二氏と中島悦子氏が選者。
 4月からは投稿欄の選者は、廿楽順治、伊藤浩子各氏と光冨郁埜が担当することになった。引き続きご投稿をお待ちしている。
 4月15日から21日は横浜の画廊・楽にて詩画展が開催される。画家と横浜詩人会の詩人たちとのコラボ。わたしも参加する。


オオカミアンソロジー2018発行しました

オオカミアンソロジー2018
オオカミアンソロジー2018

鳥——イラスト・光富由美子
風の巨人——森 雪拾
走り抜ければ——宮坂 新
つぎはぐ——中村梨々
太陽の破片——光冨郁埜
光る砂——光冨郁埜
光に守られて——イラスト・光富由美子
ちいさなひとつ——猫町すみす
記憶と金魚——登り山 泰至
新子安の冷蔵庫——鹿又夏実
仙台の都会の女の子——あたるしましょうご中島省吾
愛の名前——前田利夫
「メラレウカ」——平川綾真智
顔——柴田望
トラツグミの鳴く夜に——福士文浩

表紙画 志久浩介
扉絵・デザイン 光富由美子
編集発行 光冨郁埜
オオカミアンソロジー2018amazon販売

02/03のツイートまとめ

lfoZnW97XDD9VQF

オオカミ編集室(新館)のHPを公開します。https://t.co/xWXbLs8Hsa☆中村梨々詩集『青挿し』(オオカミ編集室)が、2019年度・第29回日本詩人クラブ新人賞の候補となりました。
02-03 14:09

オオカミ編集室(新館)HP公開します。

オオカミ編集室(新館)HPを公開します。

オオカミ編集室(新館)HP

中村梨々詩集『青挿し』(オオカミ編集室)が詩人クラブ新人賞の候補になりました。

中村梨々詩集『青挿し』(オオカミ編集室)
表紙絵・イラスト 領家明子
編集 光冨郁埜

【本の内容】
中村梨々詩集『青挿し』(オオカミ叢書)
著者3冊目の本にあたる。31篇の詩を集めた作品集。
領家明子の表紙絵・挿絵、広田修の「てびき」、光冨郁埜編集。

【著者略歴】
中村梨々(なかむら・りり)
1964年 島根県生まれ。詩誌「狼」「喜和堂」「山陰詩人」に参加。
第4回「poeniqueべすぽえ」に選ばれる。
詩集『たくさんの窓から手を振る』(ふらんす堂)
詩画集『せんのえほん』絵coca(七月堂)

2019年・第29回日本詩人クラブ新人賞候補作品

amazon及びオオカミ編集室で販売。
中村梨々詩集「青挿し」

オオカミ33号は先日、amazonにて販売されました

文芸誌「オオカミ」33号 amazonにて販売開始
執筆者・参加者:あたるしましょうご中島省吾、坂多瑩子、岡田ユアン、颯木あやこ、中村梨々、鈴木正枝、佐々有爾、日野 零、森 雪拾、冨田民人、宮坂新、鹿又夏実、佐相憲一、登り山泰至、梅津弘子、千 直明、佐波ルイ、猫町すみす、平川綾真智、木内ゆか、中島省吾、長尾雅樹、長屋のり子、福士文浩、坂井信夫、光冨郁埜、広田修、光富由美子
表紙画:志久浩介
デザイン:光富由美子
編集:光冨郁埜

オオカミ33号

オオカミアンソロジー2018 原稿締切今月末、参加募集中。

オオカミ編集室のHP新館を準備中。2月に公開予定。

ということで昨年暮れから、古武道の居合や杖術の稽古を夫婦で始めた光冨でした。